スイスの基本地理

スイスの国旗は国旗としては珍しく縦横比が1:1の正方形の、赤地の中心に白い十字架が描かれたデザインのものです。白十字は縦が横よりも6分の1長いというデザインで、「フィデラル・クルス」または「連邦十字」と呼ばれています。デザインの意味スイスの国旗を構成する色には二つの大きな意味があります。まず背景の赤地は力と主権、そして戦場で流れた血を表しており、白い十字はキリスト教の精神を表しています。歴史正式に...

デザインの意味赤の盾:主権の象徴白(銀色)の十字架:キリスト教の精神。国章の歴史スイスは1921年にオーストリアによる支配に対して小規模の連邦が形成され、これが現在のスイスの原型となっています。国章については、1240年、神聖ローマ帝国の皇帝フリードリッヒ2世(※1)がシュヴィーツ州(※2)へ与えた旗を起源とします。当初は州の旗として使われていましたが、その後に1815年からスイスの国章として採用...

スイスの行政下には、・州(ドイツ語:カントン)・基礎自治体(ドイツ語:ゲマインデ)という2階層になっています。スイスで、市(ドイツ語 シュタット)と呼ぶことができる行政区間は、人口が1万人以上もしくは中世から都市権を確立していた基礎自治体のみです。名前は「市」でも、基本は基礎自治体と同じになります。州数:26スイス内には、26の州があります。このうち6つは準州という立場にあり、選挙などの投票や州議...

トップへ戻る