スイスの正式名称や国名の由来・語源

スイスは共和制であるため正式にはスイス連邦と言います。スイスが連邦制になったのは1291年のことです。それ以前は様々な民族がそれぞれの領域を作っていました。1291年には三つの州にまとまり、敵国から身を守るために同盟を結び、これが後のスイス連邦となりました。
スイス連邦は永世中立国として有名です。しかし過去には一度だけ中立を放棄していた時代があります。それはフランス革命の時です。その時スイス連邦は共和国を目指そうとしていましたが、すぐに失敗に終わります。その後1815年にはスイスが独立し、永世中立国としての地位を手に入れました。

 

スイスという名前の由来

スイスという名前の由来は明らかになっており、1291年の三つの州のうちの一つのシュヴィーツからきています。当時は三州からなっていましたが、現在では26州からなっています。その中には最初の三州であるウーリ州とシュヴィーツ州も含まれています。

トップへ戻る