スイスと日本の関係史|外交の始まりと現在の関係を知ろう

スイスと日本の関係史|外交の始まりと現在の関係を知ろう

スイスと日本の関係史|外交の始まりと現在の関係を知ろう

「スイス」と聞いたときにどんなイメージを持ちますか?世界的に有名な食べ物チーズフォンデュはスイスの郷土料理なんです。また、身近な例でいうとテレビなどのCMでも使われている「アルプスの少女ハイジ」はスイスを舞台に物語が描かれています。今回は、そんなスイスと日本の関係史をざっくりまとめています。

 

 

日本とスイスの関係の始まり

1853年にペリーが来航し、その後アメリカと日米修好通商条約を結びました。スイス政府はその話を聞き、自国の産業発展をもくろみ、エメ・アンベールを団長に置き日本への使節団を編成しました。その後、10年後の1863年4月に使節団は日本に来航し、翌年1864年2月に日本と修好通商条約を結びます。

 

日本人の公式訪問

1867年に15代将軍徳川慶喜の異母弟である徳川昭武が率いる使節団が最初にスイスを訪問したといわれています。1873年には、岩倉具視率いる岩倉使節団がアメリカや複数のヨーロッパの国を訪れた際に最終視察地としてスイスを訪れました。この旅のことが記されている『米欧回覧実記』ではスイスの自然、軍事力、教育のレベルの高さについて書かれています。

 

第二次大戦中・後の関係

今でこそ永世中立国と知られるスイスですが、第二次世界大戦中も中立の立場を取っていました。そのおかげもあり戦時中も日本との関係は続きました。その後、原爆が広島に投下された後に訪れた医師であったマルセル・ジュノーと赤十字国際委員会の活躍もあり、さらに両国の関係は深まりました。

 

現在の日本とスイス

2014年には日本とスイスの国交樹立から150年を迎えました。在日スイス企業の数は150社近くに上り、日本法人のネスレ日本株式会社が代表的な企業になります。また、先述した通り「アルプスの少女ハイジ」の影響もあり日本にスイスのイメージは浸透していきます。このように150年経っても公私ともに交流があります。

 

トップへ戻る